上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現在地はイギリス・ロンドン!
前回のブログではパリに向かってますって言ってたのに、
もうロンドンにいますw

パリはスーパー駆け足でまわってきました。
ロンドンはなんと!冬の足音が聞こえてます笑
マドリードぶりにスキーウェアが登場しそう。
夏短し!!


★★★
さて、ブログはいよいよフェズ編に突入です。
フェズっていったら、世界遺産の迷宮メディナ
フェズ38

9世紀にできたモロッコでいちばん古い都市なんだそうで、
アラビアンナイトとか千夜一夜とかガイドブックに書いてあったから、
中世アラビアの雰囲気がただようところを
ゆっくりお散歩するの楽しみにしていたのですが…

…モロッコ人がすんごい勢いで話しかけてきます笑

で、ときどき腕つかんできます。
日本語が達者な方がやたらいます。
シカトすると、小石投げてきます。。
温厚なわたしも笑、さすがにちょっとウザいと思った…


雑貨屋さんが並ぶ迷路みたいな道が続く
すっごく楽しそうなとこなのにね!!
フェズ32

フェズ4

フェズ27


とりわけ大変だったのが…
タンネリと呼ばれる革なめし職人地区(´Д` )
フェズ34

フェズ33

フェズではこんな感じで革に色つけてる様子を見学できるのですが…
歩いてると「タンネリはこっちだ!」
って10秒ごとくらいのすさまじい間隔で、
次々にモロッコ人に声かけられます。

フリーだからついてこい!って言われて、
1000%フリーじゃないって分かってるので笑、
いらないよって言ってるのに追いかけてくる((((;゚Д゚)))))))

メディナ内で追いかけてくるモロッコ人を撒くっていう
なかなか貴重な体験をしてきました( ´ ▽ ` )ノ


わたし、服を買う時もあんまり話しかけずにそっと見守っていてほしいタイプなので、
歩く気が失せるくらいウンザリ…

もうめんどくさすぎて、タンネリ見ずに帰りたかったんだけど、
本当にフリーだから信用してっていう、
ずーと私たちを追ってきた人を残念ながら撒ききれずに、
彼のオススメの場所に行くことになってしまいました…

想像通り、彼のオススメの場所は革製品のお店で、
フリーって100回近く連発していた彼は、
その後チップって連発してました…

…やっぱりね笑!!

わたしたちチップは払えないよ、ってあんなに言ったのに
お金はいらないよ、信用してよってあんなに言ってたのに、
モロッコ人のTRUST MEはTRUSTできませんね。

絶対にチップって言われるって思ってたから、
ビックリもしなかったですが笑

たぶん通常だったら
ご案内いただいたお礼をお渡ししたんだと思うんですが、
ここにくるまでに相当長いやりとりがあったので、
今回はチップお渡しせずに帰ってきました。



こんなにカワイイ街なのに、ゆっくり見れないのが本当に残念…
フェズ36

フェズ5

だんなさんは華麗にスルーしてるんですが、
わたしにはまだそのスルースキル身についてないようです。。

ちなみに…宿に帰るまでも追いかけてくる系の困った方に遭遇。
だんなさんはもう、楽しむという領域に達し撮影してました笑
フェズ35

フェズ40

ちなみに彼のオススメは彼の筋肉でした。
俺の筋肉すごいんだぜ!うちに見に来いよ!ていう感じです。
変態です笑


本日はウンザリエピソードを並べましたが、
泊まった宿ではとってもステキなオーナーさんに会ったのです。
フェズ26

メディナ内で声かけてくる人についていかないようにとか、
なめしは無料で見られるからお金を払う必要はないとか、
勝手にガイドしてくるやつは無視するようにとか…


シャウエンから何人かのセクハラモロッコ人を見てきたので、
ジェントルなオーナーが神に見えたw


オーナーのおかげで癒されたわたしたちは、
フェズの街歩きを楽しむことに成功w!
フェズのグットメモリーは明日お届けしたいと思います★


※ブログランキングに参加しています。
読んだよーのしるしに、下の地球儀をクリックお願いします( ´ ▽ ` )ノ
➡︎世界一周をしている人々のブログが集まるブログ村に飛んで行きます!

※スマホの方はお手数ですが、一番下の「PC版に切り替え」でPC版にしてからクリックしていただくと、反映するみたいです。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

【2014/09/05 21:18】 | ◆モロッコ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。