上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現在地はイタリア、シチリア島!
海の透明度がプールレベルです。
そして本当においしいのですね、イタリアン!!
ナポリでピザ食べ続けて胃もたれ中なのに、
パスタは別腹!
もたれてないほうの胃で食べてます( *´艸`)


★★★
さて、すんごく有名なアルハンブラ宮殿…
わたしはお気に入り宮殿だったのですが、だんなさんにはスパイスが足りなかったみたいで…
マドリードの王宮のほうが感動したって言ってました笑

((((;゚Д゚)))))))
あんなに入場苦労したのに、なんてことをw

ふたりで旅してると、こういう感激の温度差がおもしろいです。
背も違うので、
「え?見えてなかったの?」
みたいなこともお互いに頻繁にありますw

違った感じ方をする人と一緒だと、小競り合いの原因にもなりますがw、
なるほどーってことがたくさんあるので、これが2人旅のいいところでしょーか。


さてこのアルハンブラ宮殿、入場が大変です
チケット予約制なので、グラナダの日程が決まってHPみたら、

前後1週間、午前も午後も売り切れでした。
どれだけ人気か!アルハンブラ!!


アルハンブラ宮殿って30分に300人っていう入場制限があり、
当日行ってもチケット買えないことがあるんですって!
30分に300人ってけっこうな人数かと思うのですが、
予約券売り切れるなんて、
どれだけ人気か!アルハンブラ!!


朝一で購入すべく、うす暗いうちに出発です。
チケット販売は8:00からなので、1時間前の7:00着めざしてホテル出発!
アルハンブラ宮殿へのみなぎるやる気が感じられます。
グラナダ4


朝ごはんの時間はとれないので、
途中パン買って食べながら向かいます。
ストイック!!
グラナダ5


入り口からチケット売り場までの登り坂がけっこうキツイ!
まだうす暗いけど、私たちの前にも歩いてるグループがちらほらしてます。
1人でも多く追い抜いとかないといけないのでw
デットヒートを繰り広げながら、チケット売り場に到着すると…

すでに行列ができてました((((;゚Д゚)))))))
グラナダ3

ネットで調べたところ、
並んだけど買えなかったとか(´Д` )
窓口より券売機で購入するほうが行列が少ないとか(´Д` )

…いろいろ情報があったのですが、
わたしたちたぶん前から100番目くらいだったので、大丈夫と判断して座ってました。

※たしかに券売機のほうが人が少なかったので、
本当に混んでるときはそっちを狙ったほうがいいと思います。



完ぺきな読み通り入場!!
…でも直前で今日は終了!って言われたらどうしようって
ずーとドキドキしてましたw
グラナダ1


この宮殿、中がとっっっても広い!
日比谷公園に住んでますくらいの巨大さです。

入口入っても宮殿全く見えませんのでね!!
グラナダ25
こーんな緑の庭がずっと並んでます。
すんごいオシャレです。
アラビアンな人々が木の間で憩んでたんでしょうね!!
スッテキー♥︎


アンダルシア日中とっても日差しが強いので、迷いなく夏スタイルで行ったら、
爪が見たことない色になるくらい、すんごい冷えてました。
グラナダ8

朝早かったのと、アルハンブラ宮殿ってちょっと高台にあるので、
涼しいみたいです。

並んでるときなんて、雪山レベルで寒くて眠くなってましたからね!!

入場後しばらくずーと寒くって、
だんなさんのテンションあがらなかったポイントは寒かったからだと思ってますw
あとは、朝だと空が白いので晴れてるのに曇りに見えるっていう
残念ポイントもありました。
グラナダ7
午後に入れたら良かったんだけど、
予約券がない場合は朝1で並ぶしかないんだと思います。。


それでも!
妻がそうとうスゴイと感じたイスラム様式の繊細な宮殿お届けします!

アルハンブラ一番のみどころは、ナスル朝宮殿。
入場時間が決められてて、時間内に入場しないと無効になるっていう
すんごい強気な宮殿です。

強気納得のモザイクがこちらー!
グラナダ28

グラナダ26

グラナダ29

グラナダ27
さすがに、ステキです。
わたし、感動の沸点が低めでなんでも感動する節があるのですが、
そのアドバンテージ差し引いてもこのモザイクすごいです。


テンション低めだっただんなさんも
モザイクの細かさにキョトンとしてましたw
グラナダ15


さらに!宮殿の奥に向かう道中もすさまじいです。
職人技って本当に世界遺産ものです!!
グラナダ22

グラナダ30

光の入り具合もきっと計算されてたんでしょうね!
ニクいくらい景色との相性バッチリなところ発見…
グラナダ23
…ため息でますね
こういう時に使うのですね笑

いくつか中庭を通って宮殿中を進んで行くと、
有名なライオンのテラスに到着★
グラナダ17


わたしの想像をはるかに超越したライオンたちでした。
こちらです。
グラナダ16

…丸めで全然百獣の王っぽくないのですが、これをライオンって呼んでオッケー?
ここの職人さんたち、モザイクは得意だったけど彫刻は苦手だったのかと疑う出来です。

よく見ると…
グラナダ37
…ネコ科には間違いなさそうです。

水の宮殿と呼ばれるアルハンブラ宮殿のオシャレポイントは水路!
グラナダ18
中庭に面していくつかお部屋があるのですが、
水路が通ってて、これすっごくオシャレです。
水の宮殿なるほどです。

水が流れてるお部屋のひとつで男性36人惨殺事件があったそうで、
血が中庭まで流れて行ってしまったっていう戦慄のお話もあったそうです。
水路のネガティブポイントですね。

宮殿ってうらやましいけど、その時代ここに住んでいた人たちは
勢力争いとかなんだかかんだか、命がけだったの日々だったのでしょうね。
ステキモザイクゆっくり見るヒマあったかな…
平和大事ですね!!
グラナダ14

グラナダ21

その他にも、
ステンドグラスとコラボしたとこがあったり、
グラナダ32

天井モザイクが凄まじかったり…
この天井担当の職人さん、上向いたままこんな繊細なお仕事…
首にダメージを受けたでしょうね!
グラナダ34
ご苦労お察しします。

職人の苦労の結晶の天井と一緒に写真撮ったら、
宇宙空間みたいになりましたw
グラナダ12
なんども言いますが、天井すさまじいですね!!


さて、アルハンブラにはナスルの他にもいくつか宮殿があります。
当時アルハンブラ城内に2000人以上の人が近く暮らしていたそうです。

その中のひとつ!よく絵葉書で見かけるこちらヘネラリフェ
ここ、離宮です。おうちとは別にこんな建物建てるとは…
王様はやることが違います。
グラナダ24
朝だったので光が差し込んでおらず大変残念なのですが、
水の離宮なるほどです。
いろいろ計算されたつくりなんでしょーね!
職人技!!

ちなみにこのヘネラリフェ、禁止事項がやたらあります。
グラナダ62
リュックは前に背負わないと激しく注意されます笑


この離宮、眺めが壮大!
グラナダ10

あんまりふたりで写真撮らないのですが、
景色が壮大だったので、韓国人観光客に勧められるがまま、
気持ち良くツーショットが撮れたのでした笑
グラナダ9

寒かったアルハンブラもお昼頃やっとあったかくなってきました。
観光中、陽だまりを見つけては光合成を繰り返す様子です。
グラナダ31

しかし!
あんな寒がってたのに、
昼過ぎにはあの帽子譲ってほしいくらい気温があがったのでした笑
グラナダ61


さて、次回!
わたしがこの宮殿推しの理由、
アルハンブラ宮殿お気に入りポイントをお伝えします!


※ブログランキングに参加しています。
読んだよーのしるしに、下の地球儀をクリックお願いします( ´ ▽ ` )ノ
➡︎世界一周をしている人々のブログが集まるブログ村に飛んで行きます!

※スマホの方はお手数ですが、一番下の「PC版に切り替え」でPC版にしてからクリックしていただくと、反映するみたいです。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

【2014/08/11 02:10】 | ◆スペイン
トラックバック(0) |

絶対!!
カルビ屋バイトリーダー
あれはライオンじゃないなww
猫です。間違いなく。

リーダー
ちひ
ですよねww
しかも和風です。あんなクオリティのこけし、日本にいそうです!


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
絶対!!
あれはライオンじゃないなww
猫です。間違いなく。
2014/08/12(Tue) 19:00 | URL  | カルビ屋バイトリーダー #-[ 編集]
リーダー
ですよねww
しかも和風です。あんなクオリティのこけし、日本にいそうです!
2014/08/16(Sat) 16:26 | URL  | ちひ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。